山口県 島根県の神社結婚式 小さな披露宴をします

山口大神宮挙式

  • HOME »
  • 山口大神宮挙式
山口大神宮挙式

山口大神宮挙式

神社挙式の流れ

挙式中はM-Weddingのカメラマンがスナップ撮影します

01.社務所にて受付
事前に申し込み後当日はまず社務所で受付を済ませます。
02.参進
巫女に導かれて、新郎新婦、両家の親、親族の順に本殿に入場します。
03.修祓(しゅばつ)の儀
神職が祓詞(はらいことば)を奏上、身のけがれをはらい清めます。
04.祝詞奏上(のりとそうじょう)
神職が神にふたりの結婚を報告し、幸せが永遠に続くよう祈ります。
05.三々九度の盃(さんさんくどのさかずき)
大中小3つの盃で新郎新婦が交互にお神酒を頂き、夫婦の永遠の契りを結びます。
06.指輪交換
結婚指輪をご用意されたカップルは神前で永遠の愛を誓い指輪を交換します。
07.誓詞奏上(せいしそうじょう)
新郎新婦が、ふたりで夫婦になることを誓う言葉を読み上げ神に誓います。
08.玉串拝礼(たまぐしはいれい)
玉串は、榊の根元の方を神前に向けて捧げ、二礼二拍手一礼でお参りします。
09.親族盃の儀
両家が親族となる儀式。巫女が親族全員にお神酒を注ぎ、全員起立して一斉に3回で飲みほします。
10.斎主(さいしゅ)あいさつ
神職が式を執り納めたことを神に報告して一拝します。
11.退場
神職、新郎新婦、両親、親族の順番で退場。その後は神殿の前や庭で集合写真を撮ります。
山口大神宮

山口大神宮挙式詳細

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 写真スタジオ「Mi Shot」 All Rights Reserved.